Event is FINISHED

はじめてのプロセスワーク「ティール組織とプロセスワーク」

Description

対象:はじめてプロセスワークを学ぶ方・どなたでも

講師:桑原香苗

お申込み期限: 2019/6/11 12:00まで

※コンビニ/ATM決済は6/10まで


>>>講師からの案内

「ティール組織とプロセスワーク」

次世代型組織運営の形として認知度が高まっている「ティール組織」。
その特徴は1)仕事がセルフ・マネジメントで回る仕組みがあるか、2)働く人が職場で人として持つ様々な側面を自分の全体性として発揮できるか、3)組織の存在目的が環境に合わせて進化し続けられるかの3つであり、組織がそのような進化を遂げる条件は経営トップのティール段階の意識レベルと組織オーナーの理解だとF.ラルーは言います。
ではその「意識レベル」って、具体的にはどんな状態なのでしょう?
そもそも、個人の「全体性」とか「組織の存在目的」ってどういうもので、どうしたらわかるものなのでしょう?

今回の「はじめてのプロセスワーク」では、プロセスワークの視点からそんな疑問を考えることを通して、プロセスワークがどんなものかをご紹介したいと思います。
担当の桑原香苗は、セルフ・マネジメントの一手法ホラクラシーを日本プロセスワークセンターの一部門コーマワーク・ジャパンで2016年から実践し、プロセスワークとの相性を確かめた上で、他組織のティール組織への変容サポートも行なっています。
人材開発、組織開発に人の内的システムの進化がどれほど大切かを考えたい皆様のご参加をお待ちしています。


>>>セミナー内容
「ティール組織」という名前の由来はK・ウィルバーの意識の発達段階モデルであるインテグラル理論ですが、まずはその枠組をわかりやすくお伝えします。そして「意識レベル」「全体性」「存在目的」といったキーワードをプロセスワークの視点からひもとき、どのように日々生きていく実践に落とし込めるかを参加者の皆様とご一緒に考えていきたいと思います。

>>>期待できる成果
  • 人の意識の発達段階と組織の進化の関わりがわかる
  • ティール組織の実際を少し感じ取る
  • 人材開発、組織開発にプロセスワークがどう役立つかが見える

>>>主な学びのトピック

  • 「意識レベル」とは何か:インテグラル理論とプロセスワーク

  • 人の「全体性」を知る:プロセス構造

  • 組織の存在目的を知る:組織の神話/エッセンス
    (ご希望があれば、ホラクラシー・ワン社のホラクラシーによるセルフ・マネジメントについてもお伝えできます)


特記事項

会場アクセス

*再受講設定はありません。

*このセミナーは、プロセスワークに関する初心者のためのミニセミナーです。そのため、基礎コース・実践コース・フェイズ2プログラムの単位には含まれません。のちに、学生となられた場合も必修・自由選択セミナー等の時間数としては認められませんので、ご注意下さい。

キャンセルについて

お申し込み後に欠席される場合は、受講料の全額をキャンセル料として頂戴いたします。

*キャンセルされる場合は必ずご連絡ください。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#441117 2019-06-06 04:28:13
Tue Jun 11, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本プロセスワークセンター
Tickets
一般 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
東京都品川区上大崎3-10-64 Japan
Organizer
一般社団法人日本プロセスワークセンター(JPWC)
776 Followers